奈良近郊での測量・墨出し工事では現場監督様や各工事会社様と協調して作業を行います

お問い合わせはこちら

奈良の測量・ヒルズ建設のお客様の声

奈良で信頼され続ける測量・墨出し専門会社を目指します

奈良の測量・ヒルズ建設のお客様の声

奈良県を中心に測量・墨出しに関わる多様なご要望に対して、県内にとどまらず大阪府、兵庫県、京都府と近畿一円の広い範囲で活動し、お客様に高品質なサービスを提供してまいりました。サービスを提供するにあたっては、墨出し工事を通じた工事現場への貢献を第一に考えています。
墨出し工事を通じて現場に貢献するため、精密で正確な作業を行うと共に現場監督様や他の工事会社様とのコミュニケーションを密に取り、ヒューマンエラーの防止と工事の円滑化を図るよう行動しています。これらの活動でこれからも工事現場に貢献し続けます。


奈良県が起源の測量・墨出しの伝統技術で建設工事を支えます

墨出しの歴史は古く日本においては飛鳥時代まで遡ります。聖徳太子が建立した法隆寺で、使用されている木材から墨出しを施工した跡が見つかっており、法隆寺は現存する世界最古の木造建築物でもあるため、法隆寺が日本における墨出しの起源と考えられています。現在の建築技術は墨出しの技術があったからこそ発展してきたと言っても過言ではなく、これらの伝統技術を専門的に行う会社として、技能の継承と更なるサービス向上に努めてまいります。
現在では、レーザー墨出し器などの方法も使われてきています。レーザー墨出し器とは、レーザー光線を壁や天井、床に投影して直線的なラインを作る装置です。しかしながら、高い精度が要求される現場や複数の工事会社が別々の作業を行う現場においては墨つぼを使用した墨出しの方が信頼性を評価されているのが実情です。今後も、この伝統的な技術で高い精度の墨出しを行い建設現場を支えて行きたいと考えています。

奈良近郊の測量・墨出し工事を細部まで配慮した施工でご提供

建設現場では、各々異なる専門性を持った工事会社が、それぞれの持ち場で各自の仕事を行いひとつの建物を完成させます。別々の仕事とはいえ、共通したひとつの建物を建てるためにお互いの意思疎通は欠かせません。墨出し工事は、そういった各工事会社間の意思疎通を図る道具としてもご活用いただけます。たとえば、内装仕上げ墨などが良い例で、墨出しから壁の位置やサッシ・手すりなどの内装の位置情報が読み取れることで、異なる会社間で工事を干渉させることなく円滑に作業を進めることができます。
以上のことを踏まえて、墨出しを施工する際は、実際に作業をする相手から見て分かりやすい場所に、分かりやすい内容で墨出しをするように心掛けています。たとえば、床面にドアの向きや段差を補記するなど、いちいち図面を見なくても作業ができるような配慮をしています。このような、分かりやすい墨出しで、これからも現場作業の効率化を後押しいたします。

奈良県で測量・墨出し工事の仕事を誇りを持って取り組みます

奈良県を拠点に測量と墨出しの専門工事会社として、お客様からの墨出しに関するご要望に高品質なサービスでお応えしております。最高の結果を得るためには最高の技術が必要であると考え、職人として更に高みを目指して、技術力の向上に努めるとともに、新しい技術や工法なども積極的に取り入れて、更なる高品質なサービス提供に努めています。
また、誇りを持って仕事に取り組ことが、最高の結果を得るために重要なことだとも考えています。私たちの誇りとは、【形には残らないが物は建つ】ということで、自分が描いた墨で円滑に工事が進み問題なく建物が建つことが何よりの誇りなのです。墨出しを通して、他の工事会社様が効率的に仕事を進めることができ、施工会社間のコミュニケーションの促進と、ヒューマンエラーや災害などの防止が図れ、建築が円滑に進んでいくような、最高品質のサービスを提供することを目指してこれからも活動を続けてまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。